病人の看病をする看護婦

症状について

後縦靱帯骨化症はいつ誰がなってもおかしくない病気です。後縦靱帯骨化症は最初、首や背筋の凝りの症状が起きるだけなのですが、悪化していくと手足のしびれが伴い、歩行が困難になってしまう場合があります。

» Read more

原因は何か

後縦靱帯骨化症は後縦靱帯に異変が起きてしまうことによって起こってしまう病気です。簡単にいえば後縦靱帯に異変が起こり、骨のように硬くなってしまい、段々と脊髄のあたりを圧迫してしまう恐れがあります。

» Read more

予防方法

後縦靱帯骨化症は完全に予防することが難しい病気です。しかし仕事や遊びの際での転倒等によってこの病気になってしまうことがあります。また首を擦りすぎることもこの病気の原因となってしまうことがあるので注意しましょう。

» Read more

治療方法

後縦靱帯骨化症は治療することが出来る病気です。あまりにも日常生活に支障が出てしまい、脊髄が圧迫してしまう場合には手術を行い、背中側の椎弓を切除するか、それとも新しく作るかの方法があります。

» Read more

後縦靱帯骨化症とは

後縦靱帯骨化症という病気は普段なかなか耳にすることがない病気です。耳にしたことがないという方が多いでしょう。
後縦靱帯骨化症にかかってしまうと手足のしびれを起こす様になってしまい、指を使った細かい運動がしづらくなってきます。
手の他にも足が突っ張ってしまい上手く歩くことが出来なくなってしまうことがあります。特に階段のような上下運動を必要とするような場所は恐くて歩けなくなってしまうという方も多いようです。
後縦靱帯骨化症にかかってしまうことで日常生活に影響が出てくるので、しっかりと予防を行うことが大事です。
もし後縦靱帯骨化症になってしまったとしても、治療する方法はありますので安心して下さい。
しかし,後縦靱帯骨化症を放っておくことによって、日常生活の支障だけでなく、歩行が困難になってしまい、それが元で事故になってしまうことがあるので注意が必要です。
後縦靱帯骨化症の初期状況としては背骨の動きが悪くなってしまい、そして体の硬直、背筋に凝りや痛みを生じることがあります。
しかし,後縦靱帯骨化症の初期段階では、他の病気や普段の疲れから来る症状である可能性もあるために、なかなか後縦靱帯骨化症だと判断することができません。
それでも後縦靱帯骨化症である可能性も否めないことや、他の病気である可能性も考えて、病院で見てもらう様にした方が良いでしょう。
早めの診断を行うことによって、早期発見することが出来、後縦靱帯骨化症であった場合には早めに治療を行うこともできるからです。

後縦靱帯骨化症の原因は簡単にいえば後縦靱帯が悪くなってしまったことにより起こる病気です。
もっと詳しく言えば、この後縦靱帯は骨の間に位置し、体を動かす祭にそれぞれの骨に適度な動きと安定性をもたらすために必要となっています。
しかし後縦靱帯骨化症にかかってしまうとそれぞれの後縦靱帯が骨の様に硬くなってしまうのです。そのために脊髄が圧迫されてしまい、結果手足のしびれが起きてしまうということです。
骨の様に硬くなってしまうために背骨のあたりが凝った様に硬くなってしまい、動かしづらくなってしまうのです。
後縦靱帯骨化症は完全に予防するという事は難しい病気です。
しかし日常生活にて首を後ろに反らせすぎないこと、体を転落、転落しないように気をつけること、これが重要だそうです。
脊髄に負担をかけてしまうことによって後縦靱帯に圧力がかかってしまい、結果脊髄症状が出てしまうということがこの病気の原因である場合があるからです。
後縦靱帯骨化症を治療するためには脊髄の圧迫を解消するために手術が必要となってくる場合があります。
その場合には首の前を切開するか、後ろ側を切開するか、手術の方法が変わってきます。
この方法が違うことによってメリットとデメリットが変わってきます。